ホーム > 刀巴心青

刀巴心青 観相発秘録 Ⅲ 新刊

八木喜三朗選集

刀巴心青
 

目次

【観相発秘録】 ◇Ⅲ  


刀 巴 心 青(全一巻) 目 次
 

刀巴心青[一]

 柳荘衣法  
  両眼浮光 桃花の面 皮白如粉 血不華色 肉軟如綿 皮滑如油  
  多面斑点 眼角低重 揺手擺頭 面帯両削 面全両陥

 刀巴こぼれ話[一]  
  面肉推浮 眼露白光 口角生紋 側目重頭 腹〓胸高 腰細肩寒  
  臍凸近下 乳頭白下 皮縮如紗 面大鼻小 額尖脚揺 歯白如玉  
  唇白不厚 唇青如靛 頭大無髪 鶴腿、蛮腰 

刀巴心青[二]  

 刀巴こぼれ話[二] 

 刀巴心青[三] 
  臀C無腮 陰毛如草 陰戸無毛 陰戸生光 獐頭鼠耳 面長晴円  
  腿上生毛 舌尖唇掀 額広鬢深 鼠歯鬼牙 長身短頂 鼻仰朝天  
  頂短腰偏 頂細眉寒 頭偏額窄 背陥腹小 睡蒙長啼 未語先笑  
  揺手擺頭 口唇自動 鵞行鴨歩 斜視倫斜 自言自語 一歩三揺  
  一言三断 笑若馬嘶 語言泛雑 行如雀走 談笑頻阻 見人掩面  
  身如風柳 縮頭伸舌 托思咬指 剔歯弄衣 歎気伸腰 頭下過歩 
  回頭頻顧 坐不安穏 挙止礎迷 站立偏斜 性情多片 眼閉眉蹙  
  蛇行鼠餐 飲食無尽 無事自驚 如馬換蹄 

 刀巴こぼれ話[三] 

刀巴心青[四]   
 妻妾宮の見方注意 

 刀巴こぼれ話[四]  

刀巴心青[五]     
 A相理衡真 B麻衣相法 C照胆経 D神相鉄関力 E太清神鑑

刀巴心青[六]本邦相法   
 A相法類編 B菅沼梅荘相貌伝書 C南北相法 D相学弁蒙    
 E婦人骨格大意 F人相婦女訣 G相法窺管 H相法言彦解  
 I人相手相秘書管 J相学秘書

刀巴心青[七]      
 A相法言諺解 B人相手相秘書管 C相学秘書  
 D相貌伝書 神相全編 相理衡真 太清神鑑 呉程赤城相貎口授 
 南北相法後篇  

刀巴心青[八]  
 刀巴心青の実例  姦通の相

刀巴心青[九]  
 私通の相 

刀巴心青[十]  
 私通の相 縁談の相[一]   

刀巴心青[十一] 
 縁談の相[二] 雑 相 妻の病気に関する相 妻の外泊の相 家出の相 

刀巴心青[十二]  
 色情の相の見方・出し方

刀巴心青[十三]  
 色情伝 姦通伝 男女相通るの相

刀巴心青[十四]  

刀巴心青[十五]   

刀巴心青[十六]   

刀巴心青[十七]    

刀巴心青[十八]   
 後家相 補遺 内生殖器の種類 童男の特徴 陰部相法  

 刀巴こぼれ話[五]   

刀巴心青[十九] 
 膣の蠕動運動  

 刀巴こぼれ話[六]  

刀巴心青[二十] 
 五官と色情[一] 眉 眼

刀巴心青[二十一] 
 五官と色情[二] 耳 鼻 人中 髭  
 刀巴心青[十四]の補遺 
 口(唇) 歯 顎(頤) 陰部・陰毛 南北相法(陰部・陰毛の相)

刀巴心青[二十二] 
 陰茎(ペニス) 相性 女の性器 南北相法陰部陰毛の相秘伝

刀巴心青[二十三] 
 夜の相性(一) 夜の相性(二)  

刀巴心青[二十四]   
 夜の相性(三) 夜の相性(四)


【特別付録】日本運命学会編 昭和33年12月発行(復刻版)
 目黒八朗著「色情人相学」 肉体後家相論 臍ぶとん 黒い爪 
 中村文聡著「色情手相学」 小指と親指 愛情の丘(拇指球) 

お断り
本書(編)は、八木喜三朗先生が、昭和37年(1962)講義されたものを筆録した全五冊本を、復刻版として全一巻として発行しました。表記につきましては、一部に不適切な文言がありますが、著者が故人であることから、その意志を尊重してそのままとしました。

このページのトップへ