ホーム > 修訂 加藤普品 四柱推命

修訂 加藤普品 四柱推命  新刊

修訂 加藤普品 四柱推命

中国2500 年の叡智。人の命・運=長い道程をよりよく生きるための導きを懇切丁寧に解説

著者 加藤 普品
ジャンル 運命学
運命学 > 推命・算命
出版年月日 2015/09/05
ISBN 9784885944949
判型・ページ数 A5・369ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

修訂 加藤普品 四柱推命  ── 目 次


 まえがき

第一章 基 本 篇 
 一 推命術の入口
    命式の出し方
    四柱八字の役割
    大運とは
    流年とは
 二 初歩が大切
    陰陽について
    五行について
    五行の盛衰消長
    相生とは
    相尅とは
    五行の性能と作用
    1 木行
    2 火行
    3 土行
    4 金行
    5 水行
 三 天干と地支
    1 天干の意義と役割
    2 十干の相生、相尅、比和
 四 天干の相合
    1 隣干との合
    2 遠干との合
    3 争合
    4 妬合
    5 分合
    6 合来の例
    7 合去と合絆の例
    8 向背と貪合の例
 五 干合と地支との関係及び化気
    1 天干地支の合
    2 内合と外合
    3 転角進化と転角退化
    4 干合と化気
 六 十干の性情、日干と他干との関係
    1 甲
    2 乙
    3 丙
    4 丁
    5 戊
    6 己
    7 庚
    8 辛
    9 壬
    10 癸
 七 地支の意義と役割
    1 地支の蔵干
    2 各月人元(蔵干)分日用事表
    3 支蔵人元の説明
 八 地支相互間に働く作用
    1 方合専気
    2 三合会局
    3 六合
    4 地冲
    5 六害
    6 三刑
    7 その他地支配列による作用
 九 十二支各個の意義と性情
    1 子
    2 丑
    3 寅
    4 卯
    5 辰
    6 巳
    7 午
    8 未
    9 申
    10 酉
    11 戌
    12 亥
 十 十二運、空亡、神殺
    1 十二運
    2 六甲空亡
    3 吉神と凶殺

第二章 看 法 篇
 一 格局の定め方
 二 正格の取り方
    各月取格
    1 建禄格
    2 月刃格
    3 食神格
    4 傷官格
    5 偏財格
    6 正財格
    7 偏官格
    8 正官格
    9 印格
 三 変格の取り方
    1 一行得気格
    2 従旺格
    3 従強格
    4 従児格
    5 従財格
    6 従殺格
    7 従勢格
    8 化気格
    9 両神成象格

第三章 応 用 篇
 一 用神、喜神、忌神、閑神
 二 用神の諸考
 三 大運と流年
 四 性格の見方
 五 病気の見方
 六 事業の見方
 七 相性の見方

  あとがき
   十干喜用要訣表
   万年暦(参考見本)

このページのトップへ