ホーム > 宗教社会史研究Ⅲ

宗教社会史研究Ⅲ

立正大学史学会創立八十周年記念論文集

目次

宗教社会史研究Ⅲ ─ 目 次

  序   坂誥 秀一  

 日本史篇  
  『日蓮聖人御遷化記録』の書誌的研究   中尾  堯  
  国宝「伝教大師筆『天台法華宗年分縁起』」所収「天台法華宗年分得度学生名帳」小考   小山田和夫  
 「肩衣」の誕生考   黒田日出男  
    —絵画史料論者の仮説—
  松尾社一切経の校合本   生駒 哲郎  
    —梵釈寺本について—
  鳥山石燕とその一門について   永田 生慈  
  江戸の御免富における興行場について   滝口 正哉  
  天保期にみる江戸町人の社寺参詣と信仰生活   鈴木 章生 
  村入用にみる民間宗教者   西海 賢二
    —武蔵国を中心として—
  石碑からみた「慶応水滸伝」   高尾 善希
    —武蔵国北多摩周辺の博徒勢力範囲—
  幕末期鹿児島藩における一向宗禁制の様相   西  光三
    —『薩摩国諸記』にみる一向宗取締りとその意義—

 東洋史篇   
  唐代の章服について   鳥谷 弘昭  
  「三字経」の撰者をめぐって 鈴木 正弘 
    —東條琴台の王応麟撰者説批判とその引用資料を中心に—
  「宋天聖院仏会人名碑」について   金井 德幸  
    —造塔と捨銭者の階層—
  中国プロテスタント伝道の開拓と宣教師の中国語定期刊行誌   吉田  寅

 西洋史篇 
  歴史における神話のアクチュアリティ   石塚 正英 
  「グデアの碑」について 3  小林登志子  
    —アンズー鳥の図像—
  十四世紀ハンザ商業の一断片   柏倉 知秀 
    —リューベックの損害一覧(一三四五年)—
  H.ゲリッツ(H.Gerritsz)の「ロシア地図」(一六一三年刊)について 大山 知児
  第一次世界大戦休戦期におけるフランスの対中・東欧政策とルーマニア 吉田 裕季

 考古学篇  
  朝鮮半島における横穴墓   池上  悟 
  『古事記』迦具土神と縄文土偶   藤田富士夫 
  日蓮宗寺院における種子板碑の意義   阪田 正一 
  中世墳墓の一様相   時枝  務 
    —千葉県館山市城山下遺跡をめぐって—
  カナダ北西海岸の先住民の社会   関  俊彦 
    —サウスウエスタンコースト・セイリッシ族—
  あとがき   北村 行遠 
  執筆者紹介 

このページのトップへ